友人からの助言と、漢方薬を試しました。

結婚して、すぐに子供が欲しかったため、頑張って子作りに励みました。しかし、妊活を開始してもなかなか出来ず、1年半以上経っても授かることが出来ませんでした。この期間中は、基礎体温を毎朝計り、自分なりに出来やすい日を把握していたつもりでした。
それだけでは、子供が出来ず悩んでいた時に、ストレスのせいなのか、生理周期も乱れ始め、基礎体温もガタガタになってしまいました。このままではいけないと思い、とりあえず産婦人科に行ってみようと思い、友人に評判の良い産婦人科を紹介して貰い、行ってみました。

不妊
産婦人科では、子宮や卵巣の状態も見てもらい、全く問題がないとのお墨付きをもらいました。ただ、生理周期が乱れているため、まずは生理周期を正そうということになりました。
ここで、2種類の漢方薬を貰い、まずは1ヶ月間飲み続けてみることにしました。すると、次の月からは生理周期も規則正しくなり、基礎体温も妊娠に最適なようになりました。
あとは、排卵あたりに子作りするよう言われ、試しました。それでも、すぐには出来なかったため、出産経験のある友人に何か良い食べ物はないか聞いてみました。
すると、ある友人はプルーンを旦那さんに食べさせたらすぐ出来たと言っていたため、私も主人に食べて貰いました。更に、他の友人は自分がルイボスティーを飲み続けていたら子供が出来たと言っていたため、私自身も飲み続けてみました。
すると、何が良かったのかは最終的には分かりませんが、試し始めて1ヶ月後に授かりました。結果的には、思い切って産婦人科に行き、良いといわれる食べ物も採ったことが良かったのだと思っています。


妊娠するには気持ちが大切。

私は現在、2人の可愛い子供がいます。ありがたいことに、子宮にトラブルは特になかったので病院での治療は必要なかったので、不妊治療に関しては無知なのですが自分が妊娠した時の経験を語りたいと思います。
妊娠する前は生理痛はとてもひどかったけど生理周期は大体30日でほぼ規則的にきていたので妊活さえスタートすればすぐにできるだろうと妊娠することを甘 く見ていたので自分が昔から子供がほしいと思っていた年齢ギリギリになって結婚をし、結婚と同時に妊活を始めました。けれどもなぜか毎月少し遅れて生理が きていて毎月落ち込んでいました。数か月後には基礎体温を測りタイミングもとっていたのに、やはりなかなか妊娠していませんでした。
毎月妊娠していなかったたびに落ち込んでいたのですが、自分の年齢のタイムリミットになって焦りよりもあきらめの気持ちになって、どうせなら子供ができる までにやりたいことや行きたいところに思い切っていこう!と海外旅行に申し込みました。すると、なんと申し込みをした月に妊娠できたのです!!
二人目の時は一人目はなかなか思い通りにすぐにできなかったので気長に妊活をしようと最初からあきらめモードで開始したらなんとすぐに妊娠できました。
この経験からやはり私たちの体はあまり意識しすぎると無意識に体が緊張してしまいうまくいかないことがあるのではないかと思います。
妊娠したいといっても焦らないでゆとりをもって赤ちゃんがきてくれたらなぁと無理強いしない気持ちが大切なんだと思います。