40代に入り、不妊治療を始めました。

40歳になっても、なかなか子どもを授かることが出来ず、夫婦共にもう諦めようと思っていました。
でも、どうしても諦めきれず、産婦人科で、不妊治療を受けることを決意しました。

うちの場合、主人が43歳、私が40歳です。

不妊
芸能ニュースを見ていると、40代でも普通に出産しているケースもあるので、私達も大丈夫だと、とにかく願いました。

不妊サプリランキング

不妊治療に入る前に、まず、お互いの体を調べました。
夫婦共に共通で調べるのが、血液検査でした。
おたふく、水疱瘡等、免疫があるかどうか、赤ちゃんを授かる際に危険が伴わない様、血液検査をします。
全部で20項目くらいあり、主人は、15000円、私は20000円かかりました。
結果、私がおたふくのみひっかかりました。
主人は全てクリア。
結果を聞いたあと、すぐにおたふくのワクチンを接種しました。
これで、血液検査はOK。

次に、主人の精子の状態を調べました。
精液を朝、採取してもらい、肌温に保って精液を婦人科まで運びます。
胸の谷間に容器をはさみ、落とさないよう注意しながら、運びます。
主人の精子の状態は、高速に動いてくれるおたまじゃくしがおらず、数値でいうと70以上ないといけないものが、主人は30しかありませんでした。

私は卵の成長具合、卵管が通りやすいかを調べました。
私の方が問題なかったです。

主人の数値が低かったので、がっかりしていましたが、婦人科で冷静なアドバイスを頂きました。
私の年齢が40なので、もう体外受精にチャレンジしてもいいとのことでした。

体外受精は、非常にお金がかかる為、人工授精からやってみたいと相談しました。
そしたら、それでも構わないということでしたので、人工授精からやってみることにしました。

どうなるかドキドキしていましたが、人工授精2回目で、赤ちゃんを授かることが出来ました。
今、妊娠5ヶ月です。

人工授精は、洗浄した精子を膣にカテーテルで入れるものです。
傷みはなく、リラックスしてできました。

まだ子どもが欲しい40代!
諦めないで、不妊治療に挑戦してください!
きっと可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です