40代に入り、不妊治療を始めました。

40歳になっても、なかなか子どもを授かることが出来ず、夫婦共にもう諦めようと思っていました。
でも、どうしても諦めきれず、産婦人科で、不妊治療を受けることを決意しました。

うちの場合、主人が43歳、私が40歳です。
芸能ニュースを見ていると、40代でも普通に出産しているケースもあるので、私達も大丈夫だと、とにかく願いました。

不妊サプリランキング

不妊治療に入る前に、まず、お互いの体を調べました。
夫婦共に共通で調べるのが、血液検査でした。
おたふく、水疱瘡等、免疫があるかどうか、赤ちゃんを授かる際に危険が伴わない様、血液検査をします。
全部で20項目くらいあり、主人は、15000円、私は20000円かかりました。
結果、私がおたふくのみひっかかりました。
主人は全てクリア。
結果を聞いたあと、すぐにおたふくのワクチンを接種しました。
これで、血液検査はOK。

次に、主人の精子の状態を調べました。
精液を朝、採取してもらい、肌温に保って精液を婦人科まで運びます。
胸の谷間に容器をはさみ、落とさないよう注意しながら、運びます。
主人の精子の状態は、高速に動いてくれるおたまじゃくしがおらず、数値でいうと70以上ないといけないものが、主人は30しかありませんでした。

私は卵の成長具合、卵管が通りやすいかを調べました。
私の方が問題なかったです。

主人の数値が低かったので、がっかりしていましたが、婦人科で冷静なアドバイスを頂きました。
私の年齢が40なので、もう体外受精にチャレンジしてもいいとのことでした。

体外受精は、非常にお金がかかる為、人工授精からやってみたいと相談しました。
そしたら、それでも構わないということでしたので、人工授精からやってみることにしました。

どうなるかドキドキしていましたが、人工授精2回目で、赤ちゃんを授かることが出来ました。
今、妊娠5ヶ月です。

人工授精は、洗浄した精子を膣にカテーテルで入れるものです。
傷みはなく、リラックスしてできました。

まだ子どもが欲しい40代!
諦めないで、不妊治療に挑戦してください!
きっと可能性があります。


男性不妊を乗り越えて

入籍、挙式が終わりいよいよ本格的に赤ちゃんが欲しい!と思ってもなかなかできませんでした。基礎体温を測って自己タイミングを取っていましたが、らちがあかないので近隣の産婦人科の門を叩きました。
私のホルモン値に問題なく、最初のタイミング法後のフーナーテスト(膣内にどれだけ元気な精子が残っているか)が不良でした。次のタイミングまでに、精液検査をすることになりました。
結果は、数・運動率共に基準値以下でした。主人への漢方とビタミン剤の処方が始まりましたがその後のタイミング法、人工受精共に結果が出ませんでした。
体外受精を視野に入れ、より専門のクリニックね転院しました。そこでもやはり男性不妊という結果になり、体外・顕微へのステップアップをしました。採卵周期での移植は陰性に終わり、2回目の凍結胚移植は陽性後に初期流産、3回目の凍結胚移植で現在妊娠5ヶ月です。
男性不妊は未だ画期的な治療法がありません。自然妊娠にこだわる方もいらっしゃるでしょう。しかし、何度も何度も陰性判定を突きつけられるストレスや周り からのストレスによって、私は本当に限界でした。排卵が遅れるようになり、頭には円形脱毛がいくつもできました。ホルモン剤で体重も増えました。一周期で も早く妊娠したい!という思いが日々つのっていました。
男性不妊は当人である男性がツライのは当たり前ですが、それを支え自らも治療や施術をしなければならない女性もツライのです。私も実際採卵・移植を経験し、なぜ私がこんな事を・・・と何度も思いました。
でも最後には、赤ちゃんに会いたい‼︎という思いが大事でそのために頑張ろうと夫婦が同じ方向を向くことが何より大切だと分かりました。一組でも多くのご夫婦が、赤ちゃんに出会えますように。


タイミング法で妊娠することができました。

私は30歳で結婚して2年経っても子供に恵まれることができず、妊活をスタートさせました。
不妊治療で有名なお医者さんに行きました。
そこで、まずは基礎体温を毎日測ってグラフにしてくださいと言われました。
基礎体温の測り方もわからなかったのですが、妊活において基礎体温を測るということは、何よりも大切なことだと知って毎朝つけはじめました。

基礎体温を測ることでいろいろな事がわかりました。
私の生理周期はだいたい35日でした。高温期は12日間ぐらいあるので結構理想的なグラフだと先生からお褒めの言葉をいただいたのです。
そこで先生はタイミング法をしましょうと言ってもらいました。

タイミング法というのは排卵する数日前から性行為をして排卵する頃には精子が卵子を待っている状態にしてあげるというものです。
人間はもともと妊娠しにくい動物で卵子が生きているのもたったの一日、。妊娠って奇跡なんだなって不妊治療をしておもいました。
そして、先生に卵子の大きさなどをはかってもらい、排卵しそうな日を決めて、タイミング法をしました。

そしたら、半年で赤ちゃんができたのです。これには本当に驚きました。
もっと早く病院に行けばよかったとおもいました。でも高い不妊治療をする前に無事に授かることができて本当によかったです。


夫がまさかの射精障害!!

筆者は、34歳の専業主婦です。30代前半で一度妊娠したものの、初期の流産になってしまった苦い経験があります。
夫は、残業のみならず、休日出勤や国内出張が多く、排卵日周辺の子作りもままならない日々が続きました。
そんな時、激務を続けた夫の身体に不調が生じます。
なんと、勃起はするのに射精ができないという事態に陥ってしまったのです。仕事のストレスや子作りのストレスがあったのでしょう。
夫は大変落ち込み、それを励ます私のテンションもどんどん落ちていきました。
泌尿器科への受診を勧めたのですが、男のプライドがあるらしく、何かと理由をつけて受診しようとしません。
また、よくよく話を聞いてみると、子作りの時は射精できないものの、アダルト画像や映像を見れば射精ができるとのこと。
そこで、筆者は「自分が、年齢的に妊娠が可能な身体の状態であるか心配だから、一緒に不妊治療の専門病院に付き添ってほしい。」と頼んでみました。
すると、夫はあっさり快諾してくれ、一緒に問診を受けてくれました。
そこで、射精障害を医師に相談したところ、人工授精を勧められ、最初は戸惑ったのですが、医師の進言ということもあり、挑戦することとなりました。
結果、3度目の人工授精で見事妊娠!
男のプライドを傷付けず、医師を味方につければ、妊活のスピードや成功率も格段に上がるような気がします。